製造 製造・保管・出荷「オール・イン・ワン」の製造業務

製造業務の特長

完成した商品をその場で保管し、そのまま出荷作業も行える、特長ある製造業務を展開してます。
当社では、ISO 9001にもとづく「品質方針」を掲げ、高い品質を安定して供給するために、日々努めています。
また、ISO 14001に基づき、環境への負荷も考慮しながら業務を行っています。

【1】製品の精度の高さ
運輸はもちろん、製造、PDとの連携をはかり、価値あるサービスを創出しています。
【2】ノウハウ吸収の早さ
新規の製造業務にすぐ対応できるよう、ノウハウの吸収を意識しながら、従業員の研修や教育に力を入れています。
【3】できたその場で保管
完成した製品をその場で保管し、必要なときに必要な分だけを出荷するので、お客様の管理が容易になります。
【4】エアパッキンは自社製作
製品の梱包に使用するエアパッキンは自社で製作。環境にやさしい素材を使い、必要なときだけつくるのでムダがありません。

おもな製造業務の流れ

生産計画
工程と日程を考慮しながら、ある一定期間の、
または一日の生産量や倉庫に保管する数量、輸送の段取りなどを計画します。
部材調達
信頼性の高い製品を供給するために重要なステップ。
品質面とコスト面を慎重に考慮しながら、必要な部材を調達します。
製造
教育を受け、真摯に技術を習得したプロたちが、
常によりよい品質を目指して、ひたむきにつくり上げます。
検品
仕上がった製品に問題がないかをチェック。
しっかりと研修を受けた担当員が厳しい目で確認します。
箱詰め
製品の規格に従って完成品をていねいに箱詰め。
通常、1品ずつ箱詰めしたものを、さらに大きなカートンへまとめておきます。
保管
大きなカートンにおさめられた製品は、
パレットに載せられて倉庫に保管。出番を待ちます。
梱包
お客様のご依頼に従って荷揃えし、間違いのないように検品したあと、
製品の安全性に配慮しながら運送用に梱包します
出荷
製品をエンドユーザー様のもとへお届け。
自社便や他社便を使って柔軟に対応します。